東京都中央区のシステム開発会社│新和コンピュータサービス株式会社
電話でのお問い合わせ
03-3206-3281

最新情報

スマートスピーカー コンテンツ配信の仕組み構築

導入背景

大手キャリア様が独自のスマートスピーカーを開発。
エンドユーザーはスマートスピーカーを通じてAIと対話し、様々なサービスを受けることができる。

お客様のご要望

エンドユーザに提供する対話型コンテンツの拡充が必要。
お客様は対話型コンテンツとしてニュースやオーディオブック、クイズなどの配信を希望された。
ユーザの問いかけに応じて、ニュースやオーディオブックがインタラクティブに配信される仕組み。
ニュースを含めた音声データは定期的に最新のデータへの入れ替えが発生するため、利便性の高い配信管理の仕組みが必要。
また配信される音声データはコピーガードなどコンテンツホルダーの権利保護についても考慮されなければいけない。

特記事項

スマートスピーカーの利用者は初期段階で30万ユニークユーザを想定。
その想定に基づく性能要件を満たす必要がある。

システム構成

システム構成イメージ

解決

  • ①AIプラットフォームと連携を行うWeb API
  • ・対話シナリオの設計を実施、その対話シナリオに対応するためのWeb APIを構築、キャリア様のAIプラットフォームとの連携を実現。
  • ・Web APIをサーバレスアーキテクチャとしたことで保守運用やランニングのコストを削減したうえで高い耐障害性と可用性を実現した。
  • ②ストリーミング配信
  • ・スマートスピーカーへの音声データの受け渡しはストリーミング配信の形式。
  • ・ストリーミング配信にはクラウドのCDNを採用することで配信の安定と急激なアクセス上昇にも対応可能とした。
  • ③ストリーミング変換
  • ・コンテンツ管理システムを経由してアップロードされた音声ファイルを、下記フォーマットで暗号化されたストリーミング形式(HLSe)に変換。音声データを提供したコンテンツホルダーの権利保護を実現。
  • ・ストリーミング形式…HLSv4
  • ・暗号化形式 …AES-128
  • ④コンテンツ管理システム(CMS)
  • ・専用のコンテンツ管理システムを構築することで、配信する音声データの配信管理を実現。
  • ・日時を指定しての配信の予約や、緊急時の配信停止やデータの差し替えなどを可能とした。

※ 以上の仕組みは Amazon Alexa 、 Google Home ( Google Assistant )、 LINE Clova Wave 等、いずれのスマートスピーカーにも応用可能です。お気軽にお問い合わせください。

サイトマップ
ページTOPへ戻る