東京都中央区のシステム開発会社│新和コンピュータサービス株式会社
電話でのお問い合わせ
03-3206-3281

最新情報

現場と本部の情報伝達・共有システムを構築

導入背景

国内数十ヵ所の拠点と100人以上の調査員を有し、1つの案件に対して複数の調査員が携わりながら正確な調査活動を行っている探偵事務所にて下記の課題があがっていた。
・調査員と本部との連絡方法は電話が多く、聞き取りや伝達のミスが発生している。
・同じ案件を複数の調査員がかかわる際、引継ぎに要する時間や手間が多く迅速な対応ができない。
・調査員の携帯端末や、カメラなど調査機器のセキュリティに不安がある。
・報告書作成に手間がかかり、次案件への取り組みが遅れる。
・業界として「お客様の秘密保持」があいまいにされがちな部分である。

お客様のご要望

伝達ミスを最小限にする仕組み。
引き継ぎや次案件への取り組みのタイムロスを軽減する仕組み。
上記を満たした上でセキュアなシステムの導入。
まずは本部へ導入。

特記事項

想定利用者数としては70~140人程度を想定。
想定アクセス数は、1日475,000回を想定。

導入効果

導入効果1

伝達ミスがなくなった

電話での伝達ではなく、文字ベースの報告にすることで伝達ミスをなくす

導入効果2

タイムロスの軽減

チャット方式を採用することで迅速なコミュニケーションが可能に
引き継ぎもログを確認することですぐに対応が可能な体制に。

導入効果3

セキュリティ

万が一ケータイ紛失時ログイン状況を強制的に解除できる。

システム構成

システム構成イメージ

解決

  • 要件定義と試験運用に時間をかけて完成度を向上。
  • 情報共有の効率と正確性が格段に向上し調査成功率にも貢献。
  • 調査に必要な情報だけ確認できるよう、アクセス権を細かく設定・制御。

すでに無くてはならないシステム

必要な情報はシステムにあるので見ておくように、と連絡すれば調査員はすぐ確認できます。
会社に来る前に事前の準備 や手配ができ、別の事案を引き継ぐ際にもスムーズに対応できるようになりました。
報告書をまとめるときも、システムに 保存してある情報と照らし合わせて内容の確認や監査が可能になり、より正確さが増しています。
すでになくてはならないシステムです。

本部担当者様

1年間のシステム利用後、アンケートを取ったところ満足度97%と非常に高い結果

お客さま対応、本部業務、調査活動、報告書作成などさまざまな業務を分業体制で行うのは当社ならではで、長期にわたる 場合など綿密な調査を行えることは強みでもあります。
その一方で課題となっていた情報共有の仕組みを今回 システム化したことにより、すべて解消できたのは大きな効果です。
調査の成功率向上にもつながっていくでしょう

本部担当者様
サイトマップ
ページTOPへ戻る